頭を叩く 心理

様々な意味がある〜頭を叩く人の心理

スポンサーリンク

頭という部位は、体の中でも非常に不思議な部位ということができます。
 頭を叩かれれば誰でも腹が立つでしょう。
しかし、一方で頭をなでられても、嬉しく感じる時もあれば、不快に感じることもあるでしょう。
頭という部位に対する行為によって引き起される心理は非常にたようなものです。
この意味で頭という部位は面白味のある、不思議な身体の部位です。
 この頭に対して、「頭を叩く」という行為に出る場合、そこには非常にさまざまな心理が働いています。
以下では、頭を叩くという行為が持つ多様な心理・意味合いについて見ていきたいと思います。
 まず、頭を叩くということは、叱るという心理行動で発生します。
これは主に大人から子供に対して行われるもので、どなたも親御さんから頭を叩かれた(あるいはお子さんの頭を叩く)という経験はおありになると思われます。
 この場合には、叱責の心理を表現するために、もっとも重要な頭という部位を叩くという行為を取ることになります。
このような心理は大変わかりやすいと思われます。
スポンサーリンク

 次に、逆に、スキンシップという心理で頭を叩くという行為に出ることがあります。
これは、大人が子供に対してすることもあれば、恋愛関係の男女で行われることもあります。
さらに、介護の現場などでも見られます。
 体でもっとも重要な部位のひとつである頭を叩くことで親愛の情を示します。
 この場合には叩く強さ(打力)は弱いものとなるのが一般的です。
(男子同士などでいわゆる「ツッコミ」をする場合などは打力が強い場合もあります) ただ、この場合には、頭を叩く・叩かれる相互感で、感じる心理が異なることがありえます。
つまり、叩く方は、相手に対して親愛の気持ちをもっていたとしても、叩かれる方が親愛の気持ちを持っていない場合、叩かれる方は嫌悪感を抱くことになります。
 その結果、両者の心の距離が離れ、場合によってはセクハラなどと受け取られるケースもありえます。
 頭を叩くという行為は、相互の受け取り方が異なるなどなかなか難しい面があるといえます。
スポンサーリンク

関連ページ

帽子をかぶるのにも隠された心理がある
人の後ろを歩く癖と性格の心理状態
頭をかきむしる癖や頭をかく癖の心理
頭たたく行動をとる心理と性格について
頭をかく癖や行動の裏側にある人間の心理
頭をかく癖とフケを出す心理
額を触る癖や額をこする癖がある人の心理状態について
服を触るしぐさと母性本能について
咳払いのしぐさをする時の人間の心理
ポケットに手をいれる癖と感情を隠すこと
飴かむしぐさによって、忍耐力性格の高低がわかります
鉛筆をかむ、ペンの端をかむ心理
ガム音立てて噛む、口を開けて噛む心理状態は、焦りなどもあります
運転する性格がかわる癖や心理について
ストローを噛む癖 その心理とは
ストロー噛む癖と心理について
貧乏揺すりの癖のある人の心理を見抜く
運転中に歌を歌う人の心理
隠れて舌を出す人の心理に迫る
自分と似た人好きになる癖は恋愛心理でミラーリング効果と呼ぶ
皮膚むしり症別名スキンピッキングには、脅迫性障害が隠されている
服の胸元をつかむ癖や襟をつかむ心理について
体に回す手の位置で彼の思いや恋愛心理を図る事ができます
「俺ってかっこいい」と何度も聞いてくる男性心理とは
偉そうにアゴを突き出す癖がある人の心理
顔をさわる癖の背景にある心理とは
顔の部分を触るしぐさは嘘ついている心理状態が読み取れます
顔をこする心理について
耳を引っ張る癖と心理について
ペン回しの癖の精神安定行動について
電話中に落書きをする癖は、イライラの心理からきています
後ろを歩く人の心理について
帽子をかぶる人の心理について
その咳払いの癖、実は病気かも
服を触る、直す癖をもつ心理状態は、不安な気持ちもあります
領収書や切符をクシャクシャにしてしまう癖の心理とは
運転する性格がかわる人の心理と運転中に出る癖
耳かきの癖に関係している違和感や心理
忙しいをアッピールする癖は、自己顕示欲をもつ心理状態があります
どか食いの癖は、ストレスによる摂食障害の可能性があります
ドカ食いをする癖とそこに関わっている心理
片付けできないために部屋が汚い人の性格
メールやlineの返事遅い人の性格について
人前でおならをする癖のある人の心理とは
新聞や雑誌のインクの匂いを嗅ぐ癖からわかる心理