頬杖をつく 癖 心理

頬杖をつく癖のある人の心理は不安や退屈リラックスの場合も

スポンサーリンク

無意識のうちに行っている癖やしぐさで、人の心理を見抜くことができます。
身近に頬杖をつく癖のある人はいませんか。
考え事をしている時や、ぼんやりしている時などに頬杖をつく癖のある人は珍しくありません。
また自分でも無意識のうちに頬杖をついていたという人もいるでしょう。
頬杖をつく癖のある人の心理はどのようなものなのでしょうか。
頬杖は、「退屈」や「不安」という心理を表しています。
頬杖をつくことによって、イライラした感情をコントロールしているのです。
人間は不安やイライラを感じたとき、自分の手で自分の顔や髪に触れて落ち着かせようとします。
例えば飲み会や食事会などで、頬杖をついている人がいたらその人は、話に飽きて退屈していると見ても良いでしょう。
そのような人が居たら話しかけてみると喜ばれるかもしれません。
また、もしも気になる異性があなたが話している時に頬杖をついていたら、それはあなたの話に退屈している心理状況なので、話をやめて聞いてあげると良いでしょう。
スポンサーリンク

頬杖をつく癖のある人の心理は「不安」や「退屈」のサインだと書きましたが、頬杖は「リラックス」を表すこともあります。
心を開いているからこそ、頬杖をつくことができるのです。
では、どのように頬杖が「退屈」か「リラックス」かを見抜けば良いのでしょうか。
例えば相手が、頬杖をつきながらあくびをしていたり、伏し目がちにしたりしている場合、退屈をしている可能性が高いでしょう。
そのような場合、話を早めに切り上げましょう。
また頬杖をつきながらも、うんうんとうなづいたり、こちらの目をじっと見てくる場合は心を開きリラックスしているサインです。
相手の心理を見抜くために、そっと癖やしぐさを観察してみると良いかもしれませんね。
もし恋人や気になる異性が、頻繁に頬杖をつくようでしたら、スポーツやカラオケなどアクティブなデートを心がけると相手を飽きさせることがありません。
身近に頬杖をつく癖のある人がいたら、自分が相手を退屈させていないか、注意して自身の行動や発言を振り返ってみましょう。
スポンサーリンク