舌を出す 癖 自分 心理 治し方

舌を出す癖の治し方は、自分の心理状態にも方向性をもたせる事です

スポンサーリンク

人前で見せる癖は、しぐさによっては、時として目立つ場合もあります。
自分で治したいという場合には、心理状態などにも向き合って、試せる方法を実施するなどができます。
 舌を出す癖は、自分ではしたくなくても、ついやってしまうという人もいます。
人と話している時に、舌を出す癖を行ってしまうと、やや間の抜けた印象などがもたれる場合もあります。
本人としては、『やっちゃった』という心理状態で、自然に出てしまっていると推察されます。
 舌を出す癖の治し方としては、手軽に自分で行える方法としては、人に見えない形で口元にセロテープなどを貼る事ができます。
自分の心理状態は、やっちゃったという軽い気持ちですが、中々舌を出す行為そのものを止められない状況にあります。
治し方には、口元を意識する事が必要になり、この場合にはセロテープなど、モノを利用して意識をもつ様にできます。
他にも、心理状態から見直す治し方として、『私は失敗してない』と繰り返し念じるなども、効果的な治し方に繋がる可能性があります。
スポンサーリンク

 舌を出す癖は、自分一人でいる時にも出てしまう場合があります。
職場や学校など、周囲に人がいる場所では、視覚に入ると、ややおかしな人と思われる場合もあります。
自分では無意識にやってしまっている場合が多くあります。
心理状態としては、周囲を気にしない状況になっている場合があり、多少自分の部屋にいるのではない、という気持ちも必要になります。
 治し方として、やってはいけない、と強く意識し過ぎると、余計焦って舌を出す癖も頻度が高くなる可能性があります。
代替行為として、例えば舌を出す代わりに、同じ口元周辺をギュッと結ぶなどもできます。
上下の唇を口の中にしまう形で、やや歯で噛む、挟む様な形にすると、舌は口に収まったままになります。
治し方を実践する場合には、心理状態に焦りはもたない様にする事もポイントです。
意識するのは口をすぼめる様な形にするだけ、という程度に行う事ができます。
実践する場合には、周囲よりも、動作に集中する方向性をもつと役立ちます。
スポンサーリンク

関連ページ

目を細める心理には2つの方向性がある
話し中に目をこする癖、心理について
唇を噛むしぐさと我慢の感情、ストレスとの関係
目を細めるしぐさで表現される心理とは
人の唇を触る癖と心理
唇に触れるしぐさは、愛情を求めた心理状態にあります
男性がリップクリームを塗るときは、心理的なキスの欲求が含まれる
唇の皮をむく人はストレスと欲求不満の表れ
目を閉じるままで話を聞く癖について
目鼻口の癖に関する行動で、現在の心理状態を読み解けます
目をそらす癖をもつ人の心理状態は辛い経験なども影響します
目をこする仕草の裏に隠された心理とは
視線やしぐさであなたへの関心度がわかる恋愛心理
まばたき癖は緊張&気まずい心理の表れかその理由をさぐる
瞬きが多い人に隠された心理とは
眉を触る癖や行動と心理について
上目遣いで話す癖の心理について
鼻触る癖のある人の心理状態
鼻をつまむ時の心理と落ち着かない状況の関係
鼻糞を食べる癖の原因と心理状態について
鼻をつまむ仕草に隠された心理とそのような癖を持つ人の性格
鼻をすする心理と癖について
鼻がよくピクピク動く人の心理
鼻をこする時に関係する人間の心理とは
小鼻の横を指でかく癖は心理状態に恥ずかしさなどがあります
唇の皮をむく癖の原因と治療法
唇を舐める癖を持つ人の心理
唇を噛む癖のある人の心理とは
唇触癖でわかる欲求行動と行動の心理
眉をひそめるしぐさや癖をもつ心理状態は、疑いの気持ちがあります
口元に手を当てる癖に隠された心理とは
口の中を噛む癖と集中したい心理
口を動かさず話す癖がある人の心理
口元を触る癖がある人の心理について
ついついしてしまう舌打ちの癖を直す
歯を食いしばる癖がある その原因とは
飴を噛む人に多い性格