しぐさ 表情 性格 心理

その人の性格と心理がわかる表情やしぐさ

スポンサーリンク

人の性格は顔に現れると言います。
目つきのきつい人は性格がきつそうなど、第一印象でマイナスのイメージを持たれる人もいます。
第一印象を変えるためには笑顔などの表情、柔らかいしぐさなど近づきやすい印象を与えるのが効果的と思います。
好印象を与えることは、どこに行っても損にはなりませんので、顔つきのきつい人は表情でカバーしてみましょう。
また客に、やさしく見えてなめられてしまうことがあります。
嫌なことを頼まれてもNOと言えない性格の人もいます。
その場合は固めの表情で近づきがたい雰囲気を出すなど、心理的に相手を圧倒することも必要です。
私達は何気ないしぐさでこの人は丁寧な人、雑な人と無意識に評価をしています。
話しているときの表情で相手の本音を見抜こうともします。
仕事上駆け引きが必要な場合も、言葉のやり取りによる心理作戦や、表情もつくり相手を操作することもあります。
人は無防備な時、しぐさや表情に本音が現れます。
人間関係を円滑に運ぶにはそういった人の心理を理解するととても役に立ちます。
スポンサーリンク

今や携帯電話はみんなが持っている便利なツールになりました。
人のしぐさからわかる心理など、検索すればたくさんヒットします。
調べてみるとなるほどと思うこともあります。
しかし、知識として知っていても、実際にそれを気にして行動できる人は少ないと思われます。
成長するにつれて性格を変えるのは難しくなってきますし、社会的に認められてくると自分に自信を持ち、非を認められなくなってきます。
性格も頑固になってくるのでしょうか。
上に立つ立場になれば、部下の見本とならなければなりません。
話しやすく信頼してもらえる上司になるためには多少の努力は必要になってきます。
性格も努力で変えることが出来ますし、やわらかい言い方や普段のしぐさを変えるだけで、人とのかかわり方は変わってきます。
心理的に安心できなければ相手は心を開いてはくれません。
人と話しているときにうわのそらだったり携帯を触るなど、一つ一つのしぐさで相手は無意識のうちにあなたを判断しています。
話をしているときは相手のことを思っていると思わせる心理テクニックは、日々の生活の中で非常に役に立ちます。
子育てでも子供の成長に大きく影響を与えます。
人の心理を知り、行動すれば、また違う人間関係が生まれてきます。
スポンサーリンク