人の行動 癖 心理

人の行動から分かる癖と心理記事一覧

ファッションとして帽子をかぶる人は増えてきていますが、その反面ファッションとしても帽子をかぶらないという人もいます。この「帽子をかぶる人、かぶらない人」は隠された心理が影響を与えていると言われています。帽子をかぶるすべての人に隠された心理があるというわけではありません。「朝起きた時間が遅くて髪型をセットする時間がなかった。とりあえず」という感じで帽子をかぶる場合にはその裏に心理というものはないと考...

人は数人で歩く時に歩く順番が自然と決まってしまうことがあります。人の先頭に立って歩く人、一番後ろを歩く人、なんとなく流れに沿って歩く人など歩く順番が自然と出来てしまいます。その歩く順番で人の性格や心理を知ることができます。先頭に立って歩く人は、リーダーシップを取りたい人、或いはリーダーシップを取れる人になり自信に溢れた性格で責任感のある人と心理的に考えることができます。また、一番後ろを歩く人は、自...

気づけば頭に手がいきかきむしる事もあります。意識していなくてもかきむしる事があります。頭をかく癖がある人は、どのような時に頭をかいているのでしょうか。仕事でイライラしたり、疲れていたり、考え事をしていたりする時に多いのではないでしょうか。これは、ストレスが原因と考えられます。思い通りにいかない苛立ち、何も考えたくない時、考えがまとまらない時など仕事でストレスがかかります。仕事以外でも家庭の中でも頭...

「頭たたく」という行動は友人同士でじゃれ合っている時や、テレビに出て来るお笑い芸人さんのツッコミ役がボケ役の人によくやっているもので、それほど珍しくはありません。そんな行動の裏に、一体どんな心理や性格が隠れていると言うのでしょうか。基本的に頭たたくという行為は、とても近しい間柄や職業としてやっている以外ではあまり見ることがありません。それもそのはず、知り合い程度の人や見ず知らずの人を相手にいきなり...

他人の癖を見ればより明確な感情を理解することが可能です。実際に癖が分かるのは相手が落ち着いていない時です。人間は落ち着かない時に無意識のうちに行動を起こすのが自然です。そこで癖が分かるので個人的な心理の存在を気にすることができます。そして相手の心理を理解した場合はコミュニケーションの内容も良くなります。頭をかく癖は大人の間にも見られることが多いです。そこには無意識の行動や複雑な人間の心理が関わって...

頭をかく癖を持つ人というのは、珍しい存在ではありません。これは何となくやっている人が多いため、親類知人を見て回れば、一人ぐらいはいるものです。 しかし、頭をかく上にフケを出すのを癖としている場合は、注意が必要になります。それは何故かと言いますと、このタイプの癖を身につけている人の多くが、強烈なストレスを感じていることが多いからです。 彼らはフケを出すことで、そちらの方に気を向け、いら立ちを忘れよう...

額を触る癖がある人は恥ずかしがり屋の傾向があります。例えば大勢の人の前に出て恥ずかしい時に、額を触ることによって気持ちを落ち着かせようという心理状態があります。また額をこする仕草をする人は、頭の回転が早い傾向があります。頭で色々と考えているために、無意識で額をこする行動に出る事があります。また会話中に額を触る仕草を見せる人は、その会話の相手に対して恋愛感情があります。相手の事が好きなので、自分の髪...

日常生活の中で、よく服を触るという人がいます。このように服を触るしぐさに関しては、次のようなことが関係していると考えることができます。服を触るしぐさというのは、好意や母性本能の心理が関係していると考えられています。このほかに服を触るしぐさに関しては、性的欲求の表れであると考えることもできます。人間の中には、明らかにわかるほど服を触るしぐさをするという人がいますが、この行動には次のような心理が働いて...

生活の中で不満の要素があると行動を起こすのが人間です。またそういった身近な不満を解消するためには、他人にも気持ちを伝えることが大事です。人間は言葉にできない時は癖やしぐさに頼ることが多いです。実際にしぐさから個人的な心理を読み取ることは可能です。そして周囲の音に敏感になっている時は咳払いするのが人間です。社会の中では静かな環境が求められています。それは仕事をするためにも必要な環境になっています。だ...

身近な癖は常に他人に見られている可能性を持っています。またそうした癖から個人の心理を判断することが可能です。一般的に様々な癖は理由があって起こるものです。その理由を追求すれば人間の感情の変化を知ることができます。ポケットに手をいれることが多い人間は感情を隠したいと考えています。この行為は体の見える部分を少しでも隠したい気持ちの表れです。そしてポケットに手をいれることで一時的な精神の安定を得られるの...

食べ物を口にする場合、人によって食べる速度には違いがあります。同じ食べ物を口にする時でも、人によって一瞬にして噛み砕いてしまう人もいれば、時間をかけて食べる人もいます。 飴などは、誰もが気軽に口にしますが、かむしぐさによって、忍耐力性格などが出ます。例えば、飴を口に入れた後、直ぐ噛み砕いてしまうかむしぐさは、忍耐力性格としては、その低さが窺えます。じっくり舐めて味わうという事ができていない状態です...

鉛筆をかむペンの端をかむ心理として、イライラしたり怒りっぽかったり欲求不満な人に多いです。そうした、欲求やイライラの矛先を、鉛筆をかむ、ペンの端をかむことに向けるため、書くものがボロボロになってしまいます。他の心理として、集中していることが伺われます。テスト中にも関わらず鉛筆をかむ、ペンの端をかむ行為をしている場合、問題の意味を考えたり答えを見出すことによって、鉛筆をかむ、ペンの端をかむ行為を繰り...

食事の時には、口を閉じた状態で、音を立てずに食べ物を噛む事などを指導される場合が多くあります。食事の際の躾の一環として主に小さい時に教わりますが、成長するに従って、スタイルが変わってくる人もいます。 ガムなども、口にするものの一つです。ガム音立てて噛む、口を開けて噛むのは、心理状態として、周囲を気にしていない堂々とした心持があります。ガム音立てて噛む、口を開けて噛む行為は、周囲の人にしてみると、視...

毎日の生活の中で、車を運転すると言うことがあります。車を運転するときには、命の危険性があるということをしっかりと頭に入れておく必要があります。車運転する性格がかわる癖があるという人がいます。このように車運転する性格がかわる癖があるという場合には、理性が外れた本当の自分が現れているという心理状態となっています。普段の生活の中で、性格が温厚で優しいと言われることがあります。しかし車を運転し始めると、そ...

どこかでお茶をしている時に、ストローを噛む癖がある人がいます。癖なので本人は全く気付かず楽しそうに話をしながらもストローを噛むことがあります。ストローを噛むというのは子どもの頃によくある癖ですが、これは子ども特有の自分の気持ちを上手く表現できない特有のストレス解消法です。大人になってもストローを噛むという場合にはその裏に隠れた心理があるケースがほとんどです。その心理は「ストレスが溜まっている」とい...

ストロー噛む癖と心理として、寂しがり屋で孤独な人が多いです。ジュースや飲み物を飲んだ時に、ガブッと噛んでしまう人は欲求を満たしたくて堪らないという時に多い心理と癖です。普通の人は噛むことはないですが、イライラしたり、落ち着きがないときは、行動を正そうと噛んで安定感を出そうとしています。癖と心理を考えると、ストローが飲みにくくなってしまうため、ストロー噛むという行為は可能な限り、止めないといけません...

貧乏揺すりは、見ていてとても不愉快になったり不快な思いをします。特に一緒にいる人が貧乏揺すりをしていると「何かあったのか」「退屈なのか」「イライラさせる事を言ったかな」などと考える事も少なくありません。しかし、貧乏揺すりの癖がある人は無意識のうちに癖を出している可能性が高いです。癖だと一言で済まされると何とも言えませんが、貧乏揺すりをする人の心理を考えながら付き合っていく事も相手に対する配慮かもし...

運転中に歌を歌う人の心理は、陽気で歌が好きな人に多いです。運転中は開放感に溢れてしまうので、歌を歌う人が増えるとされています。それに、運転中だと、周りの人に声が漏れることもないので、リラックスした状態で歌えることも利点です。心理として、歌が好きでたまらなくて、気分がノリノリになっている人が多いです。その場合、運転がおろそかになってしまう事もあるので、しっかりとハンドルを握らないといけません。常に歌...

舌を出す行為は、通常は大人であれば人前ではしません。下を出す行為は恥ずかしいことであり、幼稚な印象を持たれてしまうからです。しかし、特別に親しい人の前や、小さな子を持つ親がしてしまう場合もあります。これは気を許した関係に限って、舌を出すことができるのです。つまり、特別な関係という証拠であり、この人の前では気が許せる心理があらわれているのです。このために、特別な人以外には故意に自分の舌は見せられませ...

人には「自分に似た人を好きになる癖」というのがあります。これは、癖であるため意識的ではなく無意識のうちに選んでいるということが多いようです。癖や考え方、育った環境などはもちろん、趣味などもそれに当てはまります。似た人を選ぶということは、自分を理解してもらい易かったり相手を理解しやすいという点で、容易に恋愛心理を抱きやすいからです。これらは「同調効果」と呼ばれその中でも「ミラーリング効果」は恋愛心理...

皮膚むしり症とは、ニキビや傷のかさぶたの患部を無理に剥がしてしまったり、皮膚を傷つけるような行為を故意に行ってしまうことを言います。これを別名スキンピッキングとも言い、精神的な問題が隠されていると言われます。皮膚むしり症はいつの間にか手が皮膚をいじってしまい、後悔の念が残るもののまた繰り返してしまう症状があります。皮膚にあるできものやささくれなどの皮をむしりたくなるのは、ほとんどの人がそういう心理...

人と会話をしているときに、じっとしていることができないという人も少なくありません。会話をしているときに、自分の服の胸元をつかむという癖や、自分の襟をつかんでいるというようなことがあります。このように自分の服の胸元をつかむということや襟をつかむというような癖がある人は、どのような心理が働いているのかが気になります。服の胸元をつかむ癖や、自分の襟をつかむという癖があるときには、次のような心理が働いてい...

恋愛相手とは、心が通じる場面もありますが、体の一部が触れる事で、相手の気持ちを読む事も可能になります。 体に回す手の位置は、彼の思いや恋愛心理などが表れる事があります。体に回す手の位置が、女性の肩を包み込む様な場面もあります。彼の思いとしては、恋人関係である事を深く実感しているといえます。恋愛心理にも、安心して付き合える相手としての認識があり、肩を抱く事で恋愛にも充実感をもっています。 男性が女性...

女性が嫌う男性の態度には様々なものがありますが、その中でもダントツに嫌われるのがしつこいタイプです。しかもこちらがたずねてもいないのに「俺ってかっこいい」と何度も何度も聞いてくる男性は鬱陶しい事この上ないです。そもそもこのような男性は、一言で言ってしまえば自分に自信が持てないタイプなのです。本来自信がある人はわざわざ他人にそれを聞くような真似をしません。そんな事をしなくても自分に絶対の自信を持って...

人のアゴの出し方により、その人の表情を見ることが可能になっています。人に向けてアゴを出す人やアゴを突き出す人がいます。このような行動を見ていると不快に感じてしまうこともあります。アゴを突き出す癖を持っている人は、自分はその相手に対して威嚇を行っていたり、偉そうにしているなど自分はその人よりも偉い立場にいるという心理を表しています。テレでを見ていると気品が高い気持ちを持ち、人を馬鹿にしていると見て取...

貴方の周りに顔をさわる癖がある人はいませんか。もしいたとしたら、顔をさわる癖を持つ人の背景には何らかの心理が隠されている可能性があります。「顔をさわる癖」と一言に言っても、その種類は様々です。では、顔をいくつかのパーツに分類して行動の裏にある心理を見て行きましょう。まずは髪の毛を触ったり撫でたりする癖です。髪の毛を整えようとする行為はエチケットとして必要なことですが、その頻度が多くなればそこに何ら...

顔は、人と対面した時にも隠しようがない部分であり、表情やしぐさなどもわかり易くなります。顔の部分を触るしぐさによって、嘘ついているなどがわかる場合もあります。 顔の部分を触る時に、鼻などを触るしぐさをするのは、心理状態に嘘ついている可能性があります。嘘をついてしまうと、心の中の動揺が起きる場合が多くなります。心理状態に動揺が生じているため、鼻などをさわってしまう状況に至っています。鼻の場合には、顔...

頭という部位は、体の中でも非常に不思議な部位ということができます。 頭を叩かれれば誰でも腹が立つでしょう。しかし、一方で頭をなでられても、嬉しく感じる時もあれば、不快に感じることもあるでしょう。頭という部位に対する行為によって引き起される心理は非常にたようなものです。この意味で頭という部位は面白味のある、不思議な身体の部位です。 この頭に対して、「頭を叩く」という行為に出る場合、そこには非常にさま...

毎日の生活の中で、無意識のうちに行っているというような行動があります。これを癖と考えている人がいますが、この無意識のうちに行っている行動には、何らかの意味があると考えることができます。その中で顔をこするしぐさというものがあります。人間は誰でも癖というものがありますが、このように顔をこするという人も多くなっています。この顔をこするしぐさで、比較的簡単に相手の心理状態を把握することができるようになって...

人と会話をしているときに、顔や体の一部分を触ると言うことがあります。このようなしぐさが見られるときには、人間にはどのような心理行動が働いているのかと言うことが気になります。人と会話をするときなどに、耳を引っ張るというような癖が見られると言うことがあります。このように耳を引っ張るときには、どのような心理が背景にあるのかが気になります。耳を引っ張ると言うことが、大人になってからも治らないという人がいま...

ペン回しとは、ペンを持ってくるくると手で回すことを言います。勉強中や授業中に何となく回している人が多いです。そんなペン回しですが、癖として身についている人の精神安定行動とされています。何故、精神安定行動となっているのかと言うと、同じ動作を重ねて行うことにより、心の底から安心することができます。精神安定、精神を整える行動として一躍置かれています。ペン回しとは、ペンを使って手で戯れる行動として、心と深...

電話をする時、相手の顔は見えませんが、気持ちが通じるという事があります。寝ながら電話をしているなどが、見えてはいなくても、感じ取られている場合などもあるのです。 電話中に落書きをする癖をもっているのは、イライラの心理にあります。例えば状況としては、相手が延々と話す内容に、辟易しているなどの時に、イライラの心理をもちます。電話中に落書きをする癖がある人は、どちらかというと相手の話を聞いている時に、発...

集団で歩いていく時にその順番で、その人の性格が分かってきます。先頭をきって歩いている人はリーダーシップをとる人、周りの人を引っ張っていき自分の意見や主張をはっきりという人です。これに対して他の人の後ろを歩く人は、自分に自信がなかったり不安であったり自分の意見を求められることを避ける性格の人です。周りの人の後ろを歩くことで、他の人についていくが自分の意見を主張することは無いという心理の表れです。但し...

帽子をかぶる時には、自己主張したい心理が働いていると考えられています。特に室内で帽子をかぶる場合は、かなり自分をアピールしたい心理が強いという説が一般的です。このような帽子をかぶる行動は、お国柄によっても多少意味合いが変わってきます。例えば欧米では、結婚式やお葬式の際に帽子を身につける方が多く見られます。このような頭に着用するアクセサリーは、儀式の必需品としてみなされることもあるのが欧米の習慣です...

咳払いが癖になっている人は職場や学校、街中でも見かけることがあります。特に風邪などを引いているというわけでもないのに咳払いが癖になっている本人で故意にやっている場合には一種の合図やアピールとして咳払いを行っています。ドラマや映画でもあるように人の話をストップさせたい時やこちらに気づかずに話をして通路をふさいでいるような時に咳払いをすることでこちらの存在に気づかせようとしているのです。しかし、一言自...

普段の生活の中では、服を着用して過ごす場合が多くなります。着用する服は人によって違いもありますが、他の人といる時にも、自分の服を触る癖などを見せる人もいます。 服を触る、直す癖がある人は、心理状態として、ちゃんとしなければ、というやや潔癖な面があると推察されます。特に服を直すなどの行動が多い人は、身だしなみに気をつけて、相手に失礼にならない配慮が心理状態にあります。気をつけようとする気持ちが強い場...

領収書や切符は、失くさないように服のポケットやカバンに入れて必要になるまで保管しておくのが一般的です。しかし、それをいつもクシャクシャにしてしまったりすることはないでしょうか。自分に当てはまらくても、身近にそういう人がいた場合、不思議に思わないでしょうか。なぜならば、切符をクシャクシャにしてしまえば自動改札機に反応しない可能性もあったり、会社で領収書が必要な場合は迷惑をかけてしまいます。これらは教...

運転中に急ぐ心理は、日常的に慌ててしまう癖があることも多いです。前を走っている車との車間距離を取らずに接近する癖がある際は、時間に間に合わないなど個人的な事情を抱えていることも少なくないです。イライラする癖があったりと運転する性格がかわる場合は、ストレスが蓄積されている心理状態の可能性もあります。いつも真面目で大人しいタイプなのに、運転する性格がかわる人であると、他人には隠している癖などが無意識に...

体の状態が健康でない場合は、それを治すために行動することが基本です。また人間は無意識のうちに健康を損なっている場合があります。そういった時に個人の様々な癖やしぐさが出てくるのです。基本的に癖やしぐさが表れる理由は、体が急激な変化を起こしているからです。例えば耳かきをする癖の背後には違和感が関係しています。その違和感は体の状態が悪化しているという証拠です。人間の心理は様々な研究によって殆ど暴かれてい...

日常生活において、忙しさを感じる場面があります。忙しさを感じても、黙々と自分の作業に集中する人もいれば、周囲にアッピールする人もいます。 忙しいをアッピールする人の中には、『あー忙しい』と言葉にして、周囲に聞き及ぶ様にする癖をもつ人もいます。心理状態としては、自分の忙しさを十分に理解してほしい気持ちがあります。唯、この場合には、癖となる言動であっても、周囲にアッピールする心理状態は、いくつかのタイ...

食べ物を口にする機会は、日頃の生活の中に、何度も存在します。人と一緒に食事をする場面もありますが、人によって仕草などに大きな特徴をもっている事があります。 どか食いをしてしまうのが癖になっている人の場合、日頃の生活、仕事などの場面で、ストレスを感じている事があります。摂食障害の一つとして、どか食いをした後に、吐いてしまう人もいます。摂食障害は、ストレスを強く感じていると、対象が食べる事に向く傾向を...

人間の表情や言葉からは気持ちを知るためのヒントが得られます。相手とのコミュニケーションの中では気持ちへの理解も課題になります。実際に相手の感情を理解できると失敗を回避することができます。そしてより円満な人間関係を築くことができるのです。この社会の中では様々な相手と優れた人間関係を作り上げることも課題です。癖が多い人間は感情の変化が激しいという実態があります。特に食べ物に執着している人間は、感情面で...

部屋が汚い人は、片付けできないなど面倒なことを後回しにしてしまう性格の人も多かったりします。また、片付けできないために部屋が汚いのも本人の性格だけでなく、片付けのほかにも部屋の掃除や整理整頓が苦手な場合もあります。部屋が汚い人でも実際は神経質で綺麗好きなことも少なくないですが、上手に物事に優先順位をつけられなかったりと片付けできない状況もあり得ます。本人も部屋が汚いのを気にしていたりと片付けできな...

気になる人にメールやlineをしても返事が遅い場合があります。このように返事遅い人の性格については様々な事が推測できます。相手の性格として考えられることは、マイペースな性格という事です。つまりメールやlineを相手に合わせるよりも自分の好きな時間で返信するために、返事が遅い事が考えられます。このように返事遅い人に対しては、メールやlineの返信を催促をすると嫌われる場合があるために、ゆっくりと相手...

おならをするという行為は、一般的には恥ずかしいとされていることです。しかし、中にはたとえ人前であっても、かまわずおならをするという癖のある人がいます。そこにはどのような心理があるのでしょうか。例えば、人前と言っても様々な場面があります。例えば恋人同士の前でおならをするという場合ではどうでしょうか。そのような場合は、その恋人をとても信頼しているという心理の現れと言えます。おならをするという癖は、家族...

相手の気持ちを知りたいと思ったときには、日常のちょっとした行動からも、心理を読み取れることがあります。新聞や雑誌、本などのインクの匂いを嗅ぐ癖も、心理が表れる行動の一つです。新聞や雑誌、本などの印刷物は、中にはインクを使用しないアート作品なども存在しますが、ほとんどの場合インクが使用されています。特に新しい本を開くとと、インク独特の匂いが広がります。このインクの匂いを嗅ぐ癖があるという人も、一定数...