話し方 笑い方 癖 心理

話し方や笑い方から分かる癖と心理記事一覧

気持ちは、心の奥に存在するものですが、顔に気持ちが出てしまう時があります。人によっては、顔に気持ちが表れ易いという人もいますので、対峙する人が心理状態を読み取る事も可能にします。 つくり笑いをしている時でも、目が笑っていない場合は、特に距離が近いと表情に気持ちなどが表れたのがわかり易くなります。つくり笑いをしているのに、目の表情が笑っていないのは、何かしらの理由があると推察されます。例えば、心理状...

人との会話の場面では、各人の個性や特徴などが出てしまう事もあります。そこから読み取る心理状態によって、相手の気持ちを探る事もできるのです。 話し方や笑い方には、癖をもつ事も多くなります。例えば、話し方や笑い方の中で、口に手を当てるという癖をもつ人もいます。心理状態としては、二つが推察できます。一つには、視覚的な面で、例えば歯など、口元を気にしている人も存在します。話し方や笑い方には、口元が相手、周...

コミュニケーションの中では相手の感情が大きな影響力を持っています。またそれに対して理解をすることで話し合いの結果も変化します。一般的に癖がある人間は特定の感情の変化を表現していることが多いです。特に普段から無言を貫いている人間は、無意識のうちに独り言を言うという癖が出ます。癖とは人間の心理を表現するものなので、自然に体の中から出てくるようになっています。独り言が多い人間はコミュニケーションの中で問...

お世辞ばかりを言う人は話し方からわかる心理状態があります。例えばお世辞であっても本心である場合があります。その場合は、声に力がこもっているケースが多いです。そして話し方もゆっくりで聞き取りやすい場合は本心である場合があります。お世辞ばかりを言う人の話し方からわかる心理状態としては、会話のスピードが速くて、お世辞が次から次へと出てくる人は、相手に早く気に入って欲しいという心理が隠されています。これは...

人の心理というのは、顔の表情でだいたいが読み取れます。その中でもよく笑顔を見せる人は周囲にいい印象を与えていき、その人の性格が反映されていると言ってもいいでしょう。特に笑いながら話すような人は、相手も笑顔になってしまう効果があります。笑いながら話す場合の心理や、そういう人の性格を探っていきましょう。相手に笑いながら話すような場合、明るい話しやおもしろい話しなどがほとんどです。人がその話しを聞いてつ...

人によっては何度も同じ言葉を繰り返す人がいます。これは性格によって同じ言葉を繰り返す人がいますが、このような性格の人は完璧主義の傾向があります。何度も同じことをいって確認しているのと相手に従わせる心理をあらわしています。念をおして複数回同じ言葉を繰り返すのです。相手に対してだけでなく、自分自身も完璧を目指す性格でもあります。仮に上司が同じ言葉を繰り返す性格の人であれば、完璧主義であり自分の主張を押...

「妄想知覚」は統合失調症という病気の代表的な症状の一つです。そもそも「妄想」とは思考内容の障害を指し示す言葉です。健康な人の誤解や昔からの迷信、特定の宗教的な思想とは異なります。妄想は主に統合失調症を患っている患者の言動を支配するものです。現実ではあり得ない状況や不合理な内容ですが、どんなに言い聞かせても訂正しても認識を改めさせることは出来ません。妄想という症状には色々な種類があり、妄想知覚は「真...

知らず知らずのうちにいつも同じ言葉を使ってしまうということは、誰にでもあることです。自分では気づいていなかったけれど、人に指摘されて初めて分かることもあるのではないでしょうか。そのようなしばしば使う癖がある言葉の裏には、自分自身の知られざる心理が隠されているかもしれません。同じ言葉をしばしば使う癖によって、自分では気づかないうちに他人にその心理を悟られていることもあるかもしれません。できれば、自分...

ふとした時、一人笑いをしてしまうことはありませんか。過去に経験した面白かったエピソードが急に脳裏に蘇ってしまい、笑いを堪えられなくなるのです。そういう時に限って人混みの中だったりして、恥ずかしい思いをした人は少なくないでしょう。ですから一人笑いや思い出し笑いの癖があることは、特に異常なものではありません。一人笑いや思い出し笑いの癖がある人の頭の中では、空想とは言ってもきちんとしたストーリーが成立し...

人は様々な癖を持つものですが、感情が表に出ている時にこそ癖が出やすいものです。例えば悲しいことや悔しいことがあって泣いているとき、どのような泣き方をするでしょうか。声もなく涙だけを出して泣く人もいれば、大声をあげながら泣く人だっています。感情の表し方は人それぞれで、喜怒哀楽全てにおいてその人の癖を見つけることができるのです。笑う時、どのような笑い方をするかにもその人の癖が現れます。「あはは」といっ...

ここだけの話しをする癖と心理として、親しい人、友達と、もっと仲を縮めたくて提案する場合が多いです。ここだけの話しをすると、仲が深まり、結束力を高める効果があるため、仲が既にいい人に使えば、親友になれたり、仲が浅い人でも、深い関係へシフトチェンジできるようになります。ここだけの話しばかりする癖として、孤独感に耐えられない心理が関わっています。人は孤独にある程度耐えられるようになっていますが、家庭環境...

人間には癖があるのでそれを見て感情を判断できます。また特定の癖がある人間はそれを見つけて欲しい場合があります。実際に癖を見てもらうことで個人的な感情を伝える方法もあります。また癖には様々な種類があるので、その全てを把握することは難しいです。同じ言葉を繰り返す人間は社会の中には数多く存在しています。そういう癖は個人の意識と深く関わっています。つまり同じ言葉を繰り返す時には記憶が曖昧になっている場合が...

人と話している時に、相手の様々なしぐさや無意識の行動が気になってしまった、という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。例えば、話をしている時に髪の毛に触る癖があるという人もいます。また、口元を手で隠しながら話すという癖がある人もいます。特に楽しい笑えるような話をしているわけでもないのに、笑いながら話す人もいます。これらは、その人の心理が無意識の行動にあらわれているのです。その心理を読み...

人の自慢話は、聞いていてあまり気持ちの良いものではありません。普通の人なら、自慢することは逆に恥ずかしいし、あえて自慢などしなくても自分自身に自信があればどうでもいいことなのです。自慢話をする人はどういう心理からくるのかというと、自分を大きく見せたいとか、相手に認めてもらいたいという承認欲求が強いのです。そして、相手が少しでも自分より上に立つような話をしてくると、それを否定するようなことを言います...

初対面の相手に対しては敬語で接することがマナーとなっています。これは特にビジネスシーンでは相手が自分より目上の人の場合に失礼にあたらないためのものですが、異性と知り合った場合には敬語は相手との距離を測っていると思われることがあります。しかし親しくなっても敬語で話す人はいます。これはその人の癖なのかあるいは心理的に距離を置きたいためであるのかといった疑問があります。異性と付き合っている時には親しくな...

早口で話す癖がある人は少なくないと思います。早口で話す癖がある人は、緊張や不安を抱えていて恐怖の心理が働きます。緊張や不安、恐怖の心理はなかなか払拭出来ません。自分に自信がない場合もあります。自分に自信がない場合は興味のある事で構わないのでしっかりと腰を据えて勉強をしてみたり、色々なところに出かけて見聞を広げたりしてみるのもいいかもしれません。何がきっかけで自信をとり戻せるか分からないので色々な分...