お腹 足癖 しぐさ 心理

お腹、足癖のしぐさから分かる心理記事一覧

人は多かれ少なかれなにがしかの癖というものを持っています。しかもその癖は無意識に行っているので、人に指摘されて初めて自覚することも多いです。そんな無意識で行うものだからこそ、そこには人知れない心理というものが見え隠れしているものなのです。良くお腹を触る癖がある人がいますが、こういう癖を持った人はどういった心理状態にあるのでしょうか。まずお腹を触る行為には、防衛本能が働いているという事が言えます。お...

人の歩き方によって、あるいは履く靴によって、音が出る場合もあれば、静かに行動できる人もいます。歩き方を分析する事で、心理状態などが読める場合もあります。 バタバタ音を立てて歩く人も見られます。場所によっては、かなり周囲にも音が響く状況となる行為でもあります。バタバタ音を立てて歩く人は、セッカチな心理状態にあります。本人にしてみれば、次に何か行うべき事が控えていて、慌てている場面の場合もあります。自...

大股で歩く人の性格としては自分に自信のある人であり、自己主張の強い人の傾向があります。自分に自信がありリーダーシップをとって周りを引っ張っていくことができる人です。但し個性の強い集団の中では主張が強いと煙たがられることもありますし、気の弱い人に対しては発言を注意しないとひいてしまうことがあるので注意が必要です。女性で大股で歩く人は男性のような性格で仕事をこなし、リーダーシップを発揮できる性格の持ち...

しぐさは、ちょっとしたからだの動きが伴いますが、からだ全体を使ったしぐさなどもあります。縁石を歩くしぐさなども、周囲や一緒にいる人にとっては、目立った行動となります。 縁石を歩くしぐさや表情で、性格や心理状態を読み取る事も可能になります。例えば、縁石を歩くしぐさが危なっかしく、表情がおどけている場合などがあります。この場合の心理状態は、相手をちょっと驚かせたい気持ちをもっています。性格としては、ひ...

お腹足癖などのしぐさや癖からはさまざまな心理が隠れています。お腹や足癖などのしぐさで足を組む癖はめずらしくないです。この癖には足を組んでいると精神的に安心する、落ち着くなどの気持ちがあらわれています。理由は人の体のバランスは必ずしも左右対称とは限らず左右のどちらかに歪んでいる場合が多いです。そのために体のバランスをとるために足を組むことで安心する、落ち着くといった心理状態になります。ですが足の組み...

癖とはその人の性格が出るものだと言われています。これは心理状態を反映していることが多いからです。 では、お腹を触る癖がある人は一体何を考えているのかと言いますと、胃腸に不安を抱えていることがあります。 これは生来病弱な人が、自分の弱点を守ろうとしてそれをやっている、ということがあります。 ストレスや暴飲暴食などで胃腸の病気を患った、という人にもこれは当てはまるため、お腹を触るのが癖になっている人は...

椅子に座ったときに足組む姿勢をする人がいますが、座るたびに癖になっている人も少なくありません。この足組む姿勢が癖になっている人は、実は自己防衛が働いていると言われています。その理由は、リラックス効果を求めるための心理があるからです。例えば、初めての場所や人に会うときは少々緊張してしまうことから、少しでも落ち着こうとして足組む姿勢をしてしまいます。つまり、それが癖になっている人の心理は、安心感を求め...

毎日の生活の中で歩いたり走ったりというようなことがあります。そして立ち止まったときにつま先やかかとの方向がどのようになっているのかをあまり意識したことがないという人が少なくありません。しかしこの膝やつま先の方向に心理が出るというような癖があります。これを頭に入れておくと、相手や自分の考えていることを把握することができます。ふとしたときに、相手に対して膝やつま先の方向に心理が出ているというような癖が...

自分の臭いが気になる人は多いですが、靴の匂いを嗅ぐまたは靴下の匂いを嗅ぐような行為をする人がいます。少し引いてしまう行為にも見えますが、さすがに人前ではやりません。靴の匂いを嗅ぐ、靴下の匂いを嗅ぐ行為は1人のときにこっそりとしてしまうので、周囲にばれずに癖になってしまうようです。しかし、そのようないきすぎた行為をしてしまうのには何か原因があるのでしょうか。実は自分の臭いをかぐ癖のある人には、動物本...